忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
しがないおーえるのひとりごと。おもに好きなものについて語ってます。台湾ネタ多し。
2017/05. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観に行ってきました@レディースデー!


単純に「面白かったー!」とかいう類の映画ではないけど
(内容へヴィーだからね)
佐藤浩市と松田龍平のコンビがね、たまらんです。
志田未来ちゃんもよかった。


でもこの前やってたドラマ見てないと「??」ってとこあるかも。
木村佳乃の役どころとか、映画だけじゃたぶんかなり謎。

というか、両方観ても解決してない部分はどーすればいいの??
三島が刑事になった本当の理由とか、
勝浦はこの先家族とどうなっちゃうの?そして先生とは!?


とかさ~。
もしやほんとに続編作るのかなぁ?
いやもう、是非作っていただきたいです。
あの二人の掛け合い、もっと見たいっ。


映画で残念だったのは、松田龍平くんの出番が少なかったことですかね!
ドラマは龍平メイン、映画は佐藤浩市メインって感じだったのかな。
あ~それにしてもやっぱカッコよかった(らぶ)。


でも私、今までさんざんオヤジ嫌いを公言しておりましたが
今日思った。


佐藤浩市ならいい




と(笑)



そうそう。
志田未来ちゃん(ほんと演技派~)の彼氏役で出てた男の子なんですけど
声がエライ高くてキモ(略


でした!


(花より男子で、つくしの弟役やってた子みたいです!)


ある意味、ここが必見!!?

PR
いや~、ずいぶんと放置してしまいました。
我が家はみんな元気です!

この空白の間に、何故かやたらと映画を観てました。

劇場に行ったのは
『言えない秘密』
『崖の上のポニョ』
『練習曲』
(台湾シネマコレクション)


家で観たのが
『包帯クラブ』
『逆境ナイン』
『虹の女神 Rainbow Song』


以上。
映画って、観るとすぐさま感想とか書きたくなっちゃうんだけど
なんか最近何かを書くという気にならず…。
しかしせっかくなので軽くまとめて書いちゃいます!


『言えない秘密』

言えない秘密

これはもう説明不要ですね!よかったです。
ジェイさんがとても高校生に見えない件はさておき(笑)
なんかもう学生時代に戻って恋したくなっちゃう映画でした~。
しかし、どう考えても理解不能な箇所がいくつか…(これが秘密?)
ラストだって「え、結局どーなっちゃったの」と脳内にハテナマーク炸裂。
これ何回か観れば謎が解けるんでしょーか??
とりあえず最後、隣に座ってたおばさまがハンカチで涙を拭っておりました。
それにしてもエンドロール短すぎてワロタ。余韻くれー(笑)


『崖の上のポニョ』
崖の上のポニョ―宮崎駿監督作品 (ジス・イズ・アニメーション)

うぎゃー。コレ、コレはもうなんというか…。
すいません、私もう純真な子どもの心を持っていないようです。
いちいちツッコミまくってしまってぜんぜん素直に楽しめませんでした…。
さかな時代のポニョが可愛い(※ビジュアルのみ)ってことくらいで、
その他の要素すべてがなんだか不気味で、ちょっと怖かった。
(つかいちばん怖いのはポニョだよね…?)
あまりに納得いかなすぎて、ネットで色々検索してたら
なんか神話を元にしてるとかいないとか分析してるサイトを発見。
それ読んだらナルホドな~と思うところもありつつ、
でも映画単体で理解できないような作品はどーなの、と思ってしまうワタクシ。
(これ黄金甲の時も言ったようなセリフだなぁ)
すべてのキャラになんの感情移入も出来なかった作品でした…。
あ、でもポニョの妹たちだけはひたすら可愛かったですね!


『練習曲』
練習曲

2007年の興行収入第1位、ってことで楽しみにして行って来ました!
聴覚障害のある大学生が自転車で台湾一週旅行をする、というお話。
台湾の景色がとても美しく、これといって大きな事件や盛り上がりはないけど
静かに心温まる映画…なんですが。
あろうことか私、途中で寝てしまいました!
というのも、主人公が何を思い、どんな目的で旅をしてるのかとか、
その動機や背景がまったくもって不明なのですよ。
しかも、全編通して主人公の心情もほとんど描かれていない。
ただ淡々と時が流れて、様々な出来事があり、それでも旅は続く…のみ。
これじゃあ感情移入できないヨ…。
行く先々で出会う人々と、素敵な触れ合いがたくさんあるんだけど
どうして主人公がこんなに、会う人会う人に好かれるのかもわからない。
(自分から話しかける訳でもないのに人が寄ってきすぎでは…。
私、台湾一人旅してたってそうそう用もないのに声かけられないぞー笑)

それとも私が寝ていた途中10分くらい(たぶん)の間に、
それらの疑問を一気に払拭するような描写があったのだろうか??
いつかDVDでもう一度観てみたいです。
でも全編を流れる空気感がとてもいい感じの映画でした。
主演俳優の東明相さんも笑顔が素敵なナイスガイです!


『包帯クラブ』

包帯クラブ

ちょうど柳楽優弥くんのニュースが流れてびっくりしたときに観ました。
インターネットを通じて、傷ついた人の心を癒す「包帯クラブ」のお話。
非常に面白そうだったので期待していたのですが、
なんかこれもいまひとつ入り込めなかったというか…。
やっぱ現実離れした設定だから、ある意味ファンタジーなんですかね?
ひとつひとつのエピソードはまぁ、良いんじゃないかと思うんだけど
描写が中途半端な気がして最後までスッキリしなかったなぁ。
残念ながら「観てよかったー!」って気分にはなんなかったですね~。
でも映像と写真(たくさん出てくる)は良かったです。好きなかんじ。
誰が写真撮影したのかが気になります。(そこかい)
個人的には柳楽くん、良い俳優さんだと思うのでがんばってほしいっす。


『逆境ナイン』
逆境ナイン かけがえのない通常版

玉山鉄二&堀北真希主演の高校野球コメディーです。
原作が島本和彦のマンガ、ってことでお分かりのように
これ、ものっっっすごいおバカ映画です!!
いきなりオープニングから濃すぎて若干引いた(笑)…けど、
あまりにも大真面目なありえない展開の連続に大爆笑ですよ!!
もう徹底的に、最初から最後までおバカを極めまくってて
なおかつホロリと涙もあり(けっこー泣いた)で超面白かったですっ!!
掘北真希ちゃん(紅一点のマネージャー)がいい味出してます。
ココリコ田中(監督)もウケル。
でもこーゆう映画は好き嫌い分かれるのかな~。
私は気分が沈んでるときに観たら、大笑いして元気になれました(笑)
こういう無条件で笑える楽しい映画、もっと観たいなぁ。


『虹の女神 Rainbow Song』

虹の女神 Rainbow Song

上野樹里&市原隼人主演の恋愛モノ。
失って初めて気付く大切さ…という、やりきれないテーマの作品です。
これ、先に小説版を読んじゃってて(泣きました…)
映画もかなり期待していたんですけども。なんか微妙でした~。
小説版では、ふたりの関係、ふたりの距離、ふたりの気持ちが
とても丁寧に描かれているのに、
映画はタッタカタッタカ駆け足で、なんか…ホントにただの友達にしか見えん。
小説を読む前に観てたらまた違う感想があったかも?ちょっと残念。
でも上野樹里さん、やっぱいい女優さんですね。
蒼井優ちゃんもさすがの存在感でした。
あと相田翔子さんがちょっとすごい役で出ててビックリした。オモロ~。
それにしてもこの映画、タイトルが本当に秀逸だなぁと思う。


…という訳で、あんまり役にたたなそうな感想特集でした!
なんか私、こうしてみるとほんとーにひねくれ者ですね(笑)←笑えん。
今月は『台湾シネマコレクション』をまだまだ観に行く予定なので
また気が向いたら感想かきまーす。
世間では長期休暇中の方も多々いらっしゃるのでしょーが
私は今日明日とフツーに仕事です。
月末月初は休めない身分の悲しさ。オロロン。

で、昨日の休みはまだYUIちゃん祭り開催中だったので
引き続き映画『クローズド・ノート』を鑑賞しました。


そう。例の「別に・・・」で一躍話題騒然となったあの映画です!
これまたかなーりブームから乗り遅れてますが(笑)


いやーびっくりした!
これほど先の展開が簡単に予想できて、
しかも全部そのとおりになる映画、いいのかー!?
ってかんじでした!
オチもあるようなないような、よくわからんまま終了したし。


つかね、主役の沢尻さん、映画の中でも
あの会見とかの印象そのまんまだったんですけどー!
ぜんぜん「純粋な女子大生」て感じじゃなかったよー。
観ててなんか腹立ってきました。(笑)
あ、べつに私アンチ沢尻とかじゃないんだけど。
でもこの映画の役どころとはちょっと違うだろーって感じで。

この役、もっと素直で可愛らしい雰囲気の女の子…
新垣結衣とか長澤まさみとか、そういう女優さん選べば良かったのに。
そしたらぜんっぜん違う印象の映画になったと思うんだけどなぁ。


でも、とりあえず映像はすごく綺麗でした!
とくに小学校まわりの景色とか、自然の風景とか空気感がすごく綺麗。

あと竹内結子さんってやっぱり素敵ですねぇ…。
彼女の存在感がとても良かった。
それと、チョイ役の永作博美さんがいい味出しててナイスでした。
つくづく、なぁんかもったいないなぁ…と思ってしまいます。


そして、この映画の脚本を読んで書き下ろしたというYUIちゃんの曲。

うーん。曲自体はすごくいいんだけど、なんか重いから
映画のラストシーン(これでもかってくらい爽やかに終わる)と
ちょっと合わなかったかな…。
物語の中盤くらいまでに流れるんならすごくいい感じだと思うんだけど
あの爽やかなラストシーンに続く曲は、
同じように爽やかな曲が良かったのではないかと…。

歌詞はすごい映画に合ってて良かったんだけどね。
これまた、ちょっと残念ポイントでした。


ていうか、だから結局どーなの??っていう映画でしたね!


やっぱり私、普通にわかりやすいハッピーエンドが好きです。

今朝、めざましテレビでYUIの生ライブやってたんです。
もともとけっこう好きなんで、録画しながら見てたんですけど…


なんか、いきなりツボりました。


今まで友達だった人を急に意識しちゃったみたいな感じ??
(どんな例えだ)


べつにフツーに好きな程度だったのに、なんなんでしょね。
私、ときどきこういうことあるんですよねぇ。
不思議だ…。なんかのお告げなのかしら。


ってことで、新しいアルバム聴いたらとっても良かったです♪


さらにその後、ついYUIの映画『タイヨウのうた』を観てしまいました。
だーいぶブームから乗り遅れてますが(笑)

とりあえず難病モノっていうのはいろんな意味で微妙ですけど。
しかしそれは置いといて、この映画のYUIちゃんハンパなく可愛いですねぇ!!
いやーびっくりした。この子こんなにめんこかったっけ??
ちっちゃい子がでっかいギター抱えてジャカジャカやってるみたいな。
萌え・・・。

お話としては非常に辛いものがありましたが…。
でもYUIのうたがすごく心に残る、かわいい映画でした。
最後ちょっとアレだけど…YUIちゃんの歌がそれを帳消しにしてくれた感じ。
メイキング映像見たいし、DVDほしいなぁ。


それにしても今って、見たい映画がネットですぐ見られるんだもんね。
便利な時代になりましたよね、ほんとに…。


♪Laugh away
  • カレンダー&アーカイブ
04

06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 最新コメント
  • お気に入りいろいろ















  • 台湾モノ買うならココ
海外のお店


CDとDVDなら一番安く買えるかも。
イベント後はサイン入りが入荷するので要チェック。



とにかく届くのが早い。本もたくさん!


ちと高いけど日本語対応で安心♪
サイン入りもさらっと出てたりする。



国内のお店


ドラゴンCD。サイン入りがよく入荷。


オリエンタルムーン。高い!
けどレア物があるのでたまに買います(笑)



百楽園。送料が安い。


アジアンドロップス。実店舗はすごい。
  • 台湾アーティストサイト
『張懸.com』
張懸公式サイト
『Deserts Chang』
myspace張懸ページ

『蘇打綠官網』
蘇打綠(sodagreen)公式サイト
『greezydebut的網路日誌』
青峰くんブログ

『盧廣仲』
盧廣仲ブログ

『童圓喻』
童圓喻ブログ
『MissDessy的異想世界』
StreetVoice MissDessyページ

『RaiNie's imperfect World』
『Rainie's Blog』
楊丞琳ブログ

『cheerego』
陳綺貞公式サイト

『huntingbears』
熊寶貝樂團公式サイト
『Bearbabes《熊寶貝》』
熊寶貝樂團ブログ

『Peggy's wish box』
許哲珮ブログ


激萌え!!OPENちゃん公式サイト♪
  • その他リンク
素材お借りしてます。






  • プロフィール
HN:
まかろん
性別:
女性
自己紹介:
東京都内在住。
二匹の猫と暮らす
ぼーっとしたおーえる。
台湾好き。


★オヤバカねこサイト
(けっこうな放置っぷり)

  • ブログ内検索
  • メールはコチラ
  • バーコード
Copyright © その日ぐらし。(仮) All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog Template by Kaie
忍者ブログ [PR]
アクセス解析出会い
QLOOKアクセス解析